雲・雨・雪と雷と放電現象


【 酸素は海から供給されている 】

地球の酸素の3分の2は海から供給されています。

地球の海は、酸素と二酸化炭素を大気へ放出している。植物の光合成によって地球の酸素が供給されているというのを信じているのは日本人ぐらいだけでしょう。

もちろん、化石燃料の消費による二酸化炭素の排出量の割合は極端に低いのです。二酸化炭素による地球温暖化説もまた嘘です。

海から排出される二酸化炭素と酸素は海水の炭酸水素が光の電磁波で分解されたものです

HCO3 + HCO3 → H2O + CO2 + CO2 + O

つまり、海中の炭酸水素が光を触媒として、水、二酸化炭素、酸素を排出しているのです。

【 雲と雨 】

雲とは酸水素ガスの集合体です。酸水素ガスは、海水が光の照射により分解されてできます。

H20 → H2 + O
CO2  → C + O2

酸水素ガス(H2 O2) + 酸素 + 炭素
*地球人の化学式では、H2はヘリウム(He)であり、O2は二酸化塩素と呼んでいる

海水の二酸化炭素と水は光で分解されて酸素と炭素、そして酸水素ガスを大気に排出します。地球の酸素と炭素は海から排出されています。

大気に排出された酸水素ガスの中のH2とO2は光によって分解され水(H2O)を結合します。これが雨です。

酸素と水素(H)酸化して水(H2O)できます。この水が雨です。

【 高気圧と低気圧 】

酸水素ガス(H2 O2)を構成する継手の電子は4つ。水と酸素になることで一つの自由電子が排出されます。

この電子が地球人のいうコリオリの力で地表に移動します。この逆円錐の下降気流が低気圧であり、下降気流の間で起きる上昇気流が高気圧です。

海から排出された酸水素ガスは上昇気流で集められ下降気流によって、風と雨とともに地上に戻ります。

【 雷と放電現象 】

酸水素ガスが分解と結合することで排出される自由電子は螺旋状に地表に移動しますが、この流れが地電流とぶつかることで短絡(ショート)します。この短絡は酸水素ガスの中で水素爆鳴気を起こす現象が雷です。

【竜巻(トルネード) 】

地球の科学では、竜巻(トルネード)は積乱雲の下で地上から雲へと細長く延びる高速な渦巻き状の上昇気流としていますが、上昇気流ではなくて下降気流です。

竜巻とは、積乱雲で排出された自由電子が磁束に向かって螺旋状に移動する下降気流であり、この逆円錐の電子の流れの中は、地球人が重力と呼ぶローレンツ力が解放されます。つまり無重力となります。だから地上の物はローレンツ力(重力)から解放されて上空へ移動するのです。

竜巻は下降気流であり、地上の物が巻き上げられるのは地球人のいう無重力が引き起こす現象なのです。

2015/05/18 改稿